養分人生 

養分が少しでも養分から逃げ出す為のブログ 色々な事で養分になっている自分の雑記です。

【養分人生】我が人生に一片の悔いなし? 養分として吸い取られている人生とは・・・

今週のお題「部活」みたいですね。

 

私の部活と言えば、中学ではバドミントン高校では軽音部を経験してきましたが

3年間続けられた物は無し

 

性格的に続けられないみたいです。(悲)

 

そんな中、唯一続けている物。それは、高校生の時に出会ったパチンコ・スロットです。

 

まさにこの出会いが【養分人生】の始まりだったかもしれませんね。

 

目次

 

1.パチンコとの出会い

はじめてパチンコを打ちに行ったのは高校1年のときでした。

年齢は16歳だったので、バレれば出禁になっていましたが、学校帰りや学校をさぼってまで打ちに行っていた事を思いだします。

鞄の中に教科書などは無く、私服を入れて登校。

トイレで着替えてパチンコへGOです。

今でこそありませんが、当時はスロットにモーニングと言う物があり、お店側がオープン前に当たりを入れてあったのです。
ことわざにもありますが、早起きは3文の得ならぬ、朝一は5000円の得だったのです。
高校生の5000円はでかいです。

 

f:id:nezumikozoo:20190926022707j:plain

しかし、世の中そんなに甘く無い。

朝に5000円稼いで、そのまま帰れば日当5000円ですが、帰るわけが無い。

買った5000円も使い果たし、さらにはバイトで稼いだお金もドンドンパチンコに消える。

まさに【養分】ですね。

 

2.養分からの脱出

高校を卒業してからもパチンコ・パチスロに明け暮れていた私ですが、パチ屋に通っていると仲間が出来る物です。

同じ穴のムジナってヤツですかね。

 

そんな仲間から、おいしい話が舞い込んで来る事もありました。

俗に言う「打ち子」ってヤツです。

出る台を教えてもらい、その台を朝から閉店まで打ち続ける。

そして勝った分の何割かを貰えるというアルバイト的な事を行っていました。

しかし、見つかれば大変な事になると思ったので、数回で辞めてしまいました。

後で聞いた話によると、店員から出る台を教えてもらっていたみたいですが、その店員が店に見つかりクビになったみたいです。

悪い事はできませんね。

そんな現実を見せられると、パチンコなんてバカバカしくてやってられません。

だって、出る台は他の人に抑えられて、出ない台を打つんですよ。

まず、負けるじゃないですか。 アホ臭っ。

 

3.本当の養分人生

パチンコに明け暮れてた日々が終焉を迎え、人生を共に過ごす人ととの出会いがあり、見事に結婚と言う人生のゴール。そして本当の養分人生の開幕されたのです。

 

私の結婚相手は白衣の悪魔天使。いわゆる【看護師】でした。

結婚後、子供を授かったので当分は働かないと言う事を承認したのですが、いつまでたっても働かない。そう結婚12年たった今でも働かないのです。

収入の多い方であれば、家に待ってくれている人が居る方が良いって言う人もいるでしょう。

しかし、私は違う。

できれば、一緒に働いて経済的にも余裕のある生活が送りたいのです。

しかし、何度働いて欲しいと言っても働かない。

 

私がもっと稼いでくれば良いのですが、それも難しい。家計的にゆとりが無いからお金の事で喧嘩もする。さらには、子供にもお金が掛るので自分の事を我慢しないといけない。我慢をするとイライラしてさらに家庭内が険悪になる。と悪循環な毎日です。

 

この養分人生に終止符を打つためにブログで稼いでやろうとしているのですが、

今の所、ブログにも養分として吸われている始末。

 

溜息しかでません。

 

また、小遣い稼ぎの為に株などにも手を出しているのですが、これがまた養分になっている。

いつの日か、ブログや株で稼いで、思いっきりパチンコに明け暮れてやる。