養分人生 

養分が少しでも養分から逃げ出す為のブログ 色々な事で養分になっている自分の雑記です。

【カップヌードルミュージアム】×【横浜みなとみらい】 カップヌードルミュージアムでオリジナルカップヌードルを作って来た

先日の三連休でみなとみらいにあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。

JR桜木町駅で下車して徒歩で行ったのですが駅前に可愛いマンホールを発見。

 

 

ポケモンピカチュウマンホールです。

全国各地にポケモンのマンホールがあるみたいですね。

 

ご当地マンホールとは粋な感じです。

 

目次

 

カップヌードルミュージアム

桜木町駅を降りて、汽車道を通り徒歩で15分ほどの場所にあります。

車で行く場合は、目の前にあるワールドポーターズに駐車するか、近隣に沢山コインパーキングがあるので、車で行っても問題無いと思います。

外観は、あまり目立たない建物ですが結構大きな建物です。

 

入場料

開館時間はAM10時からPM18時(入館は17時)まで。

大人 500円 高校生までは無料

なかなかリーズナブルな料金設定で、ありがたい。

 

別途料金で、チキンラーメンが作れる【チキンラーメンファクトリー】(要予約)

世界で一つだけのカップヌードルを作れる【カップヌードルファクトリー】(予約不要)カップヌードルの製造工程を体感できるアスレチック施設の【カップヌードルパーク】などがある。

チキンラーメンファクトリー 

中学生以上 : 500円 / 小学生 : 300円 (消費税込、入館料別途)
小・中・高等学校の学校教育でご利用の場合は無料です。
参加者全員に「ひよこちゃんバンダナ」をおみやげとしてプレゼント

 

カップヌードルファクトリー

誰でも参加可能。 1食300円

 

カップヌードルパーク

年齢制限 :3歳以上、小学生以下

所要時間 :30分間 (利用時間 25分間)

身長制限 :90cm以上

料金 :1回 300円

 

カップヌードルファクトリー

ここでは、世界に一つだけのカップヌードルを作成できる。

オリジナルのカップヌードルが作成でき、このミュージアムの目玉でもある。

まず最初にカップヌードルカップを300円で購入(自動販売機)

 

そのカップにマジックでオリジナルラベルの作成を行う。好きな絵を書いたり

字を書いたりと作成者の絵心が試される工程でもある。

 

オリジナルラベルの作成が完了したら、オリジナルラーメンの作成

まずはスープの選択

 

醤油かカレーかシーフードかチリトマトの4種類から選択

 

 

次に具材の選択

エビ・謎肉・タマゴ・ネギ・ひよこちゃんナルト・ガーリックチップ・インゲン

チェダチーズ・カニ風味カマボコ・コーン・キムチ・特選素材(この日はあぶりコロチャー)の中から4種類を選択。

 

ちなみに同じ食材をWにしたりする事も可能である。

わたくしは、カレースープにチーズ×4のチーズカレーヌードルを作成した。

 

NOODLES BAZAAR  ワールド麺ロード

カップヌードルミュージアム4階には、世界各国のさまざまな“麺”を味わえるフードアトラクション。アジアのナイトマーケットをイメージした空間で、世界に広がる麺の食文化が楽しめるフードコートがある。

 

ここでは、世界の麵が楽しめるフードコートになっており料金も300円とリーズナブルなのが魅力

 

また期間限定で1日限定29食の謎肉丼と言うのがあった。

 

カップヌードルに入っている謎肉がご飯の上に、沢山乗っている丼ぶり。

味の方は・・・うーん。私の好みでは無かったですね。

 

また、デザートもすごいのを発見。

カップヌードルソフトクリーム(醤油・カレー)

 

小さいカップヌードルカップに醤油味とカレー味のソフトクリーム。

トッピングにエビやネギなどがのっている。

これの味は甘辛い感じ。これも私の好みの味では無かったが、

小さなカップは可愛くて、お土産などに良いと思う。

 

まとめ

入場料や食事代、カップヌードルを作る料金など500円以下で設定されている為

家族連れには、とてもリーズナブルで子供もすごく楽しめるミュージアムだと思う。

また大人も自分の好きなラーメンを作る事ができ、カップヌードルの歴史なども観る事ができるので、子供から大人まで幅広く楽しめる施設だと思った。

 

最期まで読んで頂き、ありがとうございました。