養分人生 

体験談などの雑記をメインに記載。ケアマネと言う職業柄、他者と関わる機会が多い為、他者に聞いた事なども書いていきます。

八方除やパワースポットで有名な、寒川神社に電車で行ってみた。

本日も、当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

本日は八方除で有名な【寒川神社】に
初詣に電車で行って来ましたのでアクセス含め
お伝えします。

もくじ


寒川神社

神奈川県高座郡寒川町宮山に鎮座する神社。相模國一之宮。延喜式内社(名神大社)。旧国幣中社。現在は神社本庁別表神社

 

関東地方における著名な神社の一つであり、年間約200万人に及ぶ参拝者が訪れる。初詣の参拝者数は神奈川県内の神社では鎌倉市鶴岡八幡宮に次いで2番目に多い。また近年、日本で最も昇殿祈祷者が多い神社としても知られる。

 

さらには、パワースポットとしても有名であり多くの著名人も足しげく通って

お参りしている場所である。

 

アクセス

電車で寒川神社に行こうと思ったら
東京方面からでも小田原方面からでも
茅ヶ崎駅で乗り換えが必要です。


最寄り駅は宮山駅なのですが
その一つ前の駅が寒川駅
降りる所を間違えない様に注意が必要。


また、相模線は単線の為、電車の本数は
非常に少ないので時間には注意が必要。

 

 

 


車で寒川神社に行く場合

最寄高速IC
圏央道:「寒川北IC」(約1km)

www.google.co.jp

正月など参拝客の多い日には駐車場が満車になる為
寒川神社の近隣にある駐車場を利用をお勧めします。

 

お勧めの駐車場所は、近隣の体育館。

こども連れの場合、お参りした後に体育館にある公園で遊ぶ事も

出来るので子供達も喜ぶ場所の一つです。

 

www.google.co.jp

駅から寒川神社まで

宮山駅無人駅でした。
正月などは、人が多く訪れる駅ですが
それ以外は、あまり人が来ない駅だと思います。

また、駅から寒川神社までは、約10分弱
近くも無く、遠すぎる事も無い感じでした。

 


2020年の厄年

今年、厄年を迎えられる方は、御覧の通りです。

女性は33歳・37歳と非常に短い期間に2回も本厄があるんですね。

 

私がお参りした際も沢山の厄払いを希望する方々が並んでおりました。

恐らく、厄払い以外にも八方除の御祈願する方も多いのだと思います。


八方除とは?

寒川神社は、全国唯一の八方除の守護神として古くから信仰されてきました。八方とはあらゆる方角を意味しており、つまり身に降りかかるすべての厄災から身を守る御神徳と言えます。約千六百年の歴史の中で、文献には源頼朝武田信玄、徳川家代々から篤い信仰を受けてきた記録が残っています。現在では、その限りない恩恵を求めて、北は北海道から南は沖縄まで全国から崇敬者が集まり、八方除の御祈祷をお受けいただいています。
  
  

   *寒川神社HPより引用
わかり易く言うと色々な事から守ってくれる
神様ですね。
なんて、素晴らしい神様なんでしょう。

御祈願料と授与品


御 祈 願 料
授 与 品
中 式
3,000 円以上
板剣神札・御守・御神土・御箸・御神供・御神酒
大 式
5,000 円以上
板剣神札・八方札(九体)・御守・御神土・御箸・御神供・御神酒
当座式
10,000 円以上
当座式御幣束・板剣神札・八方札(九体)・御守・御神土・八方除門札・御箸・御神供・御神酒
一代式
30,000 円以上
一代式御幣束・板剣神札・八方札(九体)・御守・御神土・八方除門札・御箸・御神供・御神酒
永代式
50,000 円以上
永代式御幣束・板剣神札・八方札(九体)・御守・御神土・八方除門札・御箸・御神供・御神酒
   

   *寒川神社HPより引用

 

 この御祈願料を選ぶ事って難しいですよね?

でも、その時の気持ちだと思います。

無理しない範囲での気持ちで御祈願する事が大切だと

私は思います。

 

寒川神社名物

寒川神社に行くと沢山の場所で
【八福餅】が売っている。

 

 せっかくお参りしたのですからお土産に購入してしまいました。

値段は1100円

しっかり税込みの値段になっている。

おみくじ

初詣に行ったら、やっぱり

おみくじ

引きますよね?

 

 

1回100円とリーズナブルなお値段。

1年の運勢を占うための料金としては安い

 

まとめ

全国でも有名なパワースポット寒川神社

電車でお参りに行く際には、時間的余裕をもって行かれた方が

良いと思います。

 

また、正月など沢山の参拝客が来る時期には屋台も多く出店されて

いるので、子供と一緒に行っても楽しいと思います。

 

最期まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村